賃貸住宅を作った場合の相続税削減効果は?

介護が必要になってもおかしくないシニア世代は子どもたちへの相続問題を意識するものです。できれば早目に相続対策をしておくことが望ましいのですが、資産をしっかりと残しながらも相続税を軽減したいと考えるならば、賃貸用住宅を建てることをおすすめします。

公的介護保険制度の仕組みと不服申し立ての対応

本格的な高齢化社会の到来により、介護に対する不安を抱える人が増加しています。介護をしている人はその先行きに関して、これから介護の可能性がある人も何をどうしたら良いのかという漠然とした不安は少なくないようです。